コラム「彩木ハーフティンバーとモダンデザイン」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

彩木ハーフティンバーとモダンデザイン

2017.05.31
彩木ハーフティンバーとモダンデザイン

 

使いやすさで需要を伸ばす

 

 ヨーロッパの建築様式の一つ「ハーフティンバー」の外観を再現する部材として開発された彩木ハーフティンバーは、軽量で優れた取り回し、高い耐候性や耐久性、木目の美しさなどを理由に、さまざまな建物で利用されています。中でもモダンデザインの住宅との相性はとても良く、たくさんの導入事例があります。

 20471936965_473670b438_z

 

外観に深みを与える

 

 シンプルさやシャープさが印象的なモダンデザインの住宅。そこに彩木ハーフティンバーを用いると色数が増え、外観のアクセントとすることができます。白を基調とする建物では、唐茶や桧皮、古木などの色の彩木ハーフティンバーがよく映えます。

 12231696436_0d968758e4_z

 

朽ちないから自由に用いられる

 

 構造に関係のない化粧材ということもあり、住宅の壁に板を貼りつけるイメージで、玄関回りや二階バルコニー壁、住宅裏手の壁など、自由に設置することができます。彩木ハーフティンバーは「朽ちない」ので、日当たりやメンテナンスなどをあまり考慮する必要はありません。

 24394055691_6b0069444b_z

 

リフォームにも有用

 

 新築時はもちろんですが、彩木ハーフティンバーはリフォームにも有用なツールといえます。面で用いても、数本ライン状に利用しても、外観の印象をガラリと変えたり、引き締めたりする効果が期待できます。

■関連記事

  • 一覧へ戻る