コラム「表面が美しい彩木デッキの新方式(千鳥割付)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

表面が美しい彩木デッキの新方式(千鳥割付)

2017.06.22
表面が美しい彩木デッキの新方式(千鳥割付)

 

千鳥に配置された板

 

 2017年春から彩木ウッドデッキは、千鳥配置という新しい設置タイプをリリースしました。長い板と短い板をレンガ積みのように交互に規則的に並べる方式です。旧方式との最大の違いは板の表面にビス穴が現れないという点にあります。地面から立ち上がる土台部分にレールを設けて、そこにはめ込んでいく設置方法なので、ビスを用いることなく板を止めることができます。

 
34005696513_0dbb70570e_z

 

ビス穴のない新しいイメージ

 

 もう一つ、大きな違いは表面の美しさにあります。ビス穴がないため板がそのまま並んでいるかのような統一感のある表情となります。これは一般的なウッドデッキではなく、リビングやダイニング、廊下などの室内フローリングと同じ印象です。

 34005694963_aa5fcc03e5_z

 

第2のリビング感が増す

 

 ウッドデッキは「第2のリビング」などと称されることのある空間です。ビス穴が見えない彩木ウッドデッキは、「リビング感」や「室内感」を今まで以上に演出する効果があります。ゆったりと落着ける空間作りや、リビングとの連続した空間としたい時など、さまざまなシチュエーションで新方式の採用が増えています。

 

33972262214_bcf70239a2_z

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る