コラム「ウッドデッキをどの庭に置く?(前庭編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

ウッドデッキをどの庭に置く?(前庭編)

2018.01.27
ウッドデッキをどの庭に置く?(前庭編)

 

開放的で広々な印象に

 

 今回は前庭にウッドデッキを配置した事例を見ていきます。前庭はフロントヤードとも呼ばれ、建物の前にある空間を指します。欧米などの住宅ではよく見ると思いますが、敷地面積の限られた日本の都市部などでは、前庭を設けるのは難しいかもしれません。前庭の大きな特徴として挙げられるのは、住まい全体がとても開放的で広々とした印象を持つことでしょう。そんな前庭にウッドデッキが加わると、エントランス空間における充実感の高まりが敷地外からも良く見えるので、住まいのグレードがぐっと上がった雰囲気になると思います。

 

23849695973_e4664935a5_z

 

連続した空間構成

 

 上の写真では、屋内空間をサポートする感じで、縁側のようにウッドデッキが配されています。住まいの正面が、屋内、半外、外の順番で展開するので、外に対して住まいが開放的な印象を与えてくれます。

 

16723673608_0fdef7af0c_z

 

多目的なスペースとして

 

 この写真の住まいでは、パーティから子供の遊び場まで、多目的な活用ができる大きなウッドデッキが備えられています。広い前庭の中で存在感を発しており、ウッドデッキ自体が一つの独立した空間を形成している感じです。

 

26424938442_93448e1933_z

 

狭小・変形地でも有効に

 

 上のお住まいでは、階段アプローチの横にできたスペースを利用してウッドデッキが設けられています。このように限られた面積でも、ウッドデッキを用いることで、庭の使い方にバリエーションが出てきます。

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る