コラム「ウッドデッキをどの庭に置く?(中庭編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

ウッドデッキをどの庭に置く?(中庭編)

2018.01.31
ウッドデッキをどの庭に置く?(中庭編)

 

プライバシー確保に優れる

 

 建物の内側に設けられる中庭は、住まいにたくさんのメリットをもたらしてくれます。その中でも大きな特徴は、建物内部に自然光をふんだんに取り込めるという点でしょう。都市部ではプライバシーを重視すると、外に向けた大きな開口をなかなか設けにくいとう周辺環境からくる問題が浮上します。しかし、中庭であればその問題も解消してくれ、明るい住まいを築くことができます。

 

11334403403_651bd57d88_z 

 

光と風を住まいに届ける

 

 また、中庭は部屋と部屋を結ぶ動線の通る場所としても機能します。ここにウッドデッキを用いて屋内と中庭の床の高さを同じにすれば、移動も容易となり、暮らしのシーンが増えることになります。また、窓を開けると風の通り道がたくさんできるので、屋内の空気を循環にも優れています。中庭は外から他人に見られる心配もないので、箱庭の感覚で自分好みにデザインすることもできますし、思う存分、家族のだんらんを楽しめるのも大きな魅力でしょう。さらに、部屋と部屋の緩衝地帯として機能するのも中庭の良いところの一つです。

 ただし、リフォームで中庭を作ろうとしてもなかなか大変ですから、住まいに取り入れたいなら最初から計画する必要があります。間取りの制限も出てくるので、優先順位を決めて、入念に庭の検討するのがよいでしょう。

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る