コラム「ウッドデッキの屋根の種類(後編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

ウッドデッキの屋根の種類(後編)

2018.03.10
ウッドデッキの屋根の種類(後編)

 

ポリカーボネートで屋根を作る

 

 前回に引き続き、ウッドデッキの屋根の種類について紹介していきます。今回紹介する2例は、どちらもウッドデッキの上に木材で骨組みを作る形状です。一つはその上に透明のポリカーボネートを屋根とするもの、もう一つは骨組みに植物を絡ませる藤棚(パーゴラ)になります。

  ポリカーボネートは強度に優れ加工しやすいプラスチック素材です。雨除け効果が高いメリットがあり、透明なので開放感を演出することができます。反面、遮光性は高くないため、ウッドデッキの夏場の有効利用を考えるのであれば、遮熱性能を追加した商品を選択するのが良いでしょう。

 

1e8dee57467f258f8dd4600b5e39861b_s

 

藤棚(パーゴラ)状の屋根を設ける

 

 つる性の植物を絡ませる棚のことでパーゴラとも呼ばれます。植物が絡まるスペースを取っているため、雨や雪は下に落ちてくるので、天気の悪い日はウッドデッキを利用することができません。しかし、緑の植栽が屋根変わりとなってくれるので、好みの花や果実などを育てることが可能で、とても美しいウッドデッキ空間を作ることができます。彩木ウッドデッキの上に、彩木で作った藤棚(パーゴラ)を備え付けた事例もあります。彩木素材なら、木材の趣はそのままに、腐らずメンテナンスの容易な空間を作ることが可能です。

 

e83d9dcba1def3c8a3b99a4891e7f116_s

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る