コラム「ウッドデッキで健康家族を目指す(中編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

ウッドデッキで健康家族を目指す(中編)

2018.03.31
ウッドデッキで健康家族を目指す(中編)

 

外に出る機会を増やすウッドデッキ

 

 近年は、健康に世の中の注目がとても集まっています。そこで、ウッドデッキは家族の健康にどのようなプラスが考えられるのかを検証していきます。前回もお話ししましたが、やはりウッドデッキがあると、外に出る機会が増えるというのは大きなプラスになると思います。庭やベランダ・バルコニーに出るために家の中での歩く距離も増えるでしょう。それに、外の空気を吸い、外の風景や緑を眺めるだけでもリフレッシュできます。洗濯や庭の水やりなど、外に出るだけならウッドデッキがなくてもいくつも機会が考えられますが、大きな違いは滞在時間だと思います。

 

31338193181_286a243811_z 

 

外にも出られるという選択肢が余裕を生む

 

 ウッドデッキがあれば、外での滞在時間は長くなるでしょう。しかも、何かの作業をするためだけに出ていた庭に、読書や談笑、食事、喫茶など、楽しみの時間を作ることができます。ウッドデッキがなくても同じようなことはできると思いますが、より容易にできるというのが大きな違いでしょう。ちょっと立ち寄って気分を変える――というのがリラックスの本質だと思います。この外に出て楽しめる空間があるという選択肢の広がりが、住まい手の心に余裕を生み、暮らしのプラスとなるともいえるでしょう。健康に大いに関係する気持ちのあり様にも、ウッドデッキは効果が期待できます。

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る