コラム「あやかの彩木探訪!
建築・建材展2018レポート「Syado」(後編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

あやかの彩木探訪!
建築・建材展2018レポート「Syado」(後編)

2018.03.23
あやかの彩木探訪!<br>建築・建材展2018レポート「Syado」(後編)

 

こんにちは!

彩木シリーズのマスコットキャラクターの彩華(あやか)です。

 

今回も建築・建材展での「Syado」のレポートをやっていきます!

 

社長さんによると、展示会の時点では「Syado」には、まだまだ開発の手を加えていくということでした。ほとんどできているのですが、彩木の継ぎ方や扉止めの工夫など、「改良と検証を繰り返して、より完璧なものに仕上げる」と言われました。

 

今以上に洗練され、デザイン性も性能も向上すると考えると、マスコットキャラクターとしてはワクワクします!

 

IMG_4784

 

ちなみに写真で確認できる取っ手などは、仮につけているものだそうです。

 

「Syado」は内窓としてだけではなく、障子やふすまの代わりとして、室内の仕切りとしても利用できるそうです。サイズがオーダーメイドなので、どんな大きさの開口部にも対応できるんですね。

 

わたしが個人的に嬉しいのは、彩木がついにウッドデッキという枠を超えて、外装材から内装材へと、まったくの別ジャンルの建具に利用されている点です。木材と同じように、建具を構成する素材としての彩木の可能性が示されたことになります。

 

IMG_4818

 

いろいろな場所で普通に利用されるような、新しい建材として「彩木」が認識されるように、わたしもPR活動にもっともっと力を入れていきます!

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る