コラム「窓下を飾る彩木フラワーボックス(中編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

窓下を飾る彩木フラワーボックス(中編)

2018.04.23
窓下を飾る彩木フラワーボックス(中編)

 

メンテナンスも容易な彩木シリーズ

 

 住まいの外観にやさしい風合いでアクセントをつける「彩木のフラワーボックス」。表情を担う板材は、特殊樹脂の外皮とアルミ材の芯材で構成する彩木なので、汚れにも強く、風雨や紫外線による腐食が発生しません。また、太陽の光による色あせに関しても、高いレベルで維持できるなど、メンテナンスも大変容易です。今回は「彩木フラワーボックス」で製品化している3つの色の実例を紹介していきます。

 

 9561617804_a2e3857521_z

 

上品なアクセントをプラスする古木

 

 上の写真の例は、2階部分の各開口部に彩木シリーズを配しています。白い外壁に対してコントラストとなる黒系の古木で飾ることにより、引き締まった印象を与えてくれています。古木はその名の通り、長く使用した天然木が経年変化で黒く落ち着いた色になった様子を再現しています。そのため、古民家をはじめとする和テイストの住宅との相性が抜群な一方で、写真の例のようにシンプルモダンなど洋風トーンの住宅にも、しっくりと馴染んでくれます。

 

14819468297_be87e75077_z

 

落ち着きある外観にまとめる桧皮

 

 桧皮は他の2色と並べて比較すると、色合いで考えると真ん中のポジションと言えるでしょう。その分、さまざまなデザインの住まいや、外壁の色にも合わせるのが容易で、飽きの来ない特徴を持っていると言えます。

 

(後編へ続きます)

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る