コラム「窓下を飾る彩木フラワーボックス(後編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

窓下を飾る彩木フラワーボックス(後編)

2018.04.24
窓下を飾る彩木フラワーボックス(後編)

 

季節の草花を楽しむ

 

 外観の印象と窓からの景色を変えてくれるフラワーボックスは、住まいの充実感をプラスする建具として人気があります。単なるデザインとしてだけではなく、実際に鉢植えを置いて活用すれば、季節の草花を楽しむことが可能です。今回も前回に引き続き、彩木シリーズで展開しているフラワーボックスを色別で紹介していきます。

 

 9561621130_ba5aa39f95_z

 

優しい印象を与える唐茶

 

 赤みを帯びた唐茶は、白い外壁に対してはとても目立つ色となります。しかしながら、天然木の風合いを放つので、優しさや華やかさなどを外観にプラスしてくれます。下の写真は黒い壁に取り付けた事例です。こちらも唐茶の彩木フラワーボックスは存在感を放っていると思います。建物の色数を増やして個性を出すのにも、唐茶は有効と言えるでしょう。どのようなデザインの住宅に取り付けるかで、見え方は随分と変わってくると思います。

 

9561636138_145f299eb8_o

 

彩木独自の天然木の風合い

 

 今回は紹介するにあたって、あえて特徴を分かりやすく述べましたが、3色とも彩木の大きな特徴である「天然木の風合い」を持っているので、さまざまな住宅の外観に自然な印象で溶け込んでくれます。住まい手の趣味や好みによっても色の感じ方も変わるので、ぜひ、ご自身が思うご自宅にベストマッチする色を選んでください。

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る