コラム「窓下を飾る彩木フラワーボックス(番外編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

窓下を飾る彩木フラワーボックス(番外編)

2018.04.25
窓下を飾る彩木フラワーボックス(番外編)

 

彩木以外のMINOブランド

 

 MINOでは彩木シリーズ以外にも、フラワーボックスを有するブランドを展開しています。今回は、前回まで紹介してきた「彩木フラワーボックス」の番外編として、その他のブランドの事例を見ていきたいと思います。

 

  9561656764_7eaae737d4_z

9558868237_149b1acd34_z 

 

本場ヨーロッパの風格を漂わせる

 

 MINOが展開する「IDEEN」ブランドでは、アルミ鋳物のフラワーボックスがラインナップされています。このシリーズの特徴は、アルミ鋳物ならではの重厚感と柔らかい曲線フォルムを持っている点です。外観のアクセントとしてはもちろん、ヨーロッパの住宅建築のテイストをグッと強める主役としても用いることができます。

 

9561638386_1987577264_z 

 

シンプルで機能的なシリーズ

 

 「IDDEN」ではもう一つ、アルミを成形したシリーズのフラワーボックスがあります。こちらは非常にシンプルで、くせのないデザインが特徴です。そのため、さまざまな住宅での導入事例を持っています。色は、ダークブロンズとステンカラーの2種類があり、どちらも住宅の外壁に容易に馴染みます。彩木シリーズやアルミ鋳物に比べると、見た目の主張が少ないためか、住宅を建ててしばらく住んでから「2階の窓にフラワーボックスがある方が何かと便利だ」と考えて、後付けするお客様もいます。

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る