コラム「お手入れが簡単な彩木と人工芝の庭(その03)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

お手入れが簡単な彩木と人工芝の庭(その03)

2018.06.11
お手入れが簡単な彩木と人工芝の庭(その03)

 

屋上庭園の人工建材

 

 メンテナンスの容易さが最大の特徴ともいえる「彩木+人工芝」の組み合わせ。前回は庭における事例を見ていきましたが、今回はまた違った角度から紹介したいと思います。

 トップの写真は屋上庭園の事例です。2階以上の場所に庭を造る際は、人工芝はとてもメリットがあります。なぜなら、芝生の維持に散水する必要がないからです。2階以上の庭のお手入れは、1階の庭よりも大変なことが多いと思いますが、「彩木+人工芝」なら負担の軽減が可能となるでしょう。メンテナンスが容易なので、住み手は導入しやすく、住宅提供側も勧めやすいのではないでしょうか――。

 

34682605911_26ce398a56_z

 

新しいデザインの可能性

 

 次の写真は、彩木ウッドデッキを敷設した中に、人工芝を合わせたデザインの事例です。茶系の木の趣きと、緑の優しさを取り入れていますが、これも本物の木と芝では実現するのは、なかなか難しいと思います。このような人工建材ならではの使い方ができるのも、彩木シリーズの強みです。人工建材の便利さだけではなく、色むらや凹凸などを取り入れた確かな美しさがあるので、例えば、下の石材の床との相性も良く、品のある空間を構成する一つとして機能しています。

 純粋な自然物の建材とは異なるアプローチで、空間を創造できるのも人工木材の良さです。このことを知っておくと、住まいづくりの幅も広がると思います。

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る