コラム「バルコニー、ベランダ、テラスの違いとは?」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

バルコニー、ベランダ、テラスの違いとは?

2016.09.14
バルコニー、ベランダ、テラスの違いとは?

バルコニー、ベランダ、テラスの違いとは?

 

バルコニー、ベランダ、テラスなど、建物の半外空間にはいろいろな呼び方があります。今回は、それぞれの定義と違いを紹介します。

 

テラスの定義

バルコニーやベランダと、テラスの大きな違いは何階部分に存在するかによります。テラスは1階です。その他の2つは2階以上にある半外空間を指すことがほとんどです。

テラスは1階の建物の外に部屋の延長として計画され、石材やレンガ、タイル、コンクリートなどで床を作ります。1階のリビングダイニングからの延長に設けると、とても開放的な暮らしのメインスペースを作ることができます。

また、建物の屋上に設けた広場をテラスと呼ぶこともあります。

 

ar0010000691w-640×480

 

ベランダとバルコニーの違い

ベランダとバルコニーの大きな違いは、屋根の有無です。ベランダは屋根のあるものを、バルコニーは屋根のないものを指します。

ベランダの定義は家屋と窓やドアで隔てられた外にあり、屋根のかかっているスペースです。雨でも洗濯物を干すことが可能で、まれに1階の屋根付き半外空間をベランダと呼ぶこともあります。

バルコニーの定義は前回(バルコニーを上手に使おう)で説明したとおりです。しかし、バルコニーには設置場所やその形態によって、ルーフバルコニーやインナーバルコニーと呼ばれるものがあります。これらに関する詳しい説明は、別回で行います。

 

11335229985_d4cfe15ddb_o480×640

■関連記事

  • 一覧へ戻る