コラム「床から始めるバルコニーのリノベーション」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

床から始めるバルコニーのリノベーション

2016.11.04
床から始めるバルコニーのリノベーション

 

暮らしのアクセント空間を作る

 バルコニーをどのように利用しているでしょうか? 洗濯物を干すだけ…ご主人の喫煙室…、ちょっとした物置…。バルコニーは敷地内で外を感じることのできる限られたスペースです。少し手を加えていくだけで、暮らしにアクセントを与えてくれるスペースに変わります。

 

バルコニーの床を変える

 バルコニーのグレードを手軽に上げる有効的な手段の一つが、床の模様替えです。何も敷かずにコンクリートのままであるなら、床板や床パネルの設置を検討してみましょう。屋根のないバルコニーなら、お手入れの簡単な樹脂系の床材がお勧めです。天然木の床板は雰囲気も出て良いのですが、どうしても腐食が心配となります。こまめにメンテナンスする自信のない場合は、まずは樹脂系から始めてみてはいかがでしょうか。

 

27464595191_8272918be6_o680×480

 

彩木を用いて趣も豊かに

 樹脂系の床板でも、天然木から型取りした「彩木」なら豊かな雰囲気にバルコニーの床を仕上げます。木目を再現した凹凸は、素足で歩いても心地良い感触を与えてくれます。バルコニーでガーデニングを行う計画がある時はもちろん、憩いの場として使用する際も、第2のリビングを想定する場合にも、適した雰囲気を演出してくれるでしょう。

 

20471941355_88fac95924_o640×480

 

 バルコニーの床材は、各メーカーが数多くの種類を販売しているので、まずはデザインと価格の2点から検討するのが良いでしょう。DIYで行える床材もあるので、その際は、ご自身のDIYのスキルも検討要素に加えてください。

 「取りあえず試しに床板を入れよう」と考えるのか「どうせなら長く使えるものを」と計画するのでは、おのずと予算の上限が変わってくると思います。予算とデザインを検討する前に、ご家族で「どのように使うか?」をよく話し合い、未来予想図を立ててから床板選びを行うと、完成までの道のりがスムーズに行くでしょう。

■関連記事

  • 一覧へ戻る