あなたの暮らしを彩るエクステリアは【MINO】 ウッドデッキやバルコニー・ベランダの手すりなど豊富にご用意

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

坪単価にウッドデッキは含まれるか?

2016.12.21
坪単価にウッドデッキは含まれるか?

 建ぺい率と容積率に関するコラムをいくつか紹介しました。それに関連して坪単価の考え方について今回はお話しします。

 

坪単価の計算基準は?

 坪単価の計算基準は、住宅供給会社によって異なるのが現状です。坪単価の計算式は以下になります。

 

坪単価=本体価格÷対象床面積

 

 ここで問題となるのが「対象床面積」です。一般的には「延べ床面積」で計算されます。この場合は開放的なウッドデッキなどの外部に属する空間や、収納、ガレージ、玄関回りの面積は除外されていることが多いです。すごく平たく言うと、「屋根と壁に囲まれた生活スペース」だけを対象としているということです。

 しかし、延べ床面積ではなく施工床面積で計算するケースもあります。施工する床全てを指すため、先ほどは除外されていたウッドデッキなど面積も含まれてきます。同じ建物であっても当然、延べ床面積よりも広い面積が対象となるため、坪単価は低くなります。

 

本体価格にも注目しましょう

 住宅供給会社によってどの床面積を分母に採用しているかが異なるように、本体価格に何が含まれているかも、各社違ってきます。例えば、照明機器やカーテンなどの設備を計算に入れている会社もあれば、ほぼ躯体だけの会社もあります。「当然、あれが含まれていると思ったに…」と後悔してからでは遅いので、きちんと確認することが重要でしょう。

 また、坪単価だけで住宅の値段を判断してはいけません。建物本体以外の付帯工事費や建築確認申請などの手数料などもかかってきます。数字の大小はあくまで目安として、その数字の出所は何であり、どこまでが費用に入っているかを、住まいの購入の際にはしっかりと見極めましょう。

■関連記事

  • 一覧へ戻る