コラム「ウッドデッキの板で目隠しをつける(その1)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

ウッドデッキの板で目隠しをつける(その1)

2017.01.26
ウッドデッキの板で目隠しをつける(その1)

 ウッドデッキを外部からの目線を気にせずに過ごせる空間にするために、目隠しを設ける方法があります。空間全体の統一感を重視したいのなら、ウッドデッキで敷設している板と同じ板を用いて、目隠しを作るのがお勧めです。

 

プライバシーを優先

 ウッドデッキの板はフェンスなどより幅があるので、よりプライバシーを確保した空間を作ることができます。また、ゴツっという印象があるので、少しアンティークな雰囲気やシンプルな空間に纏めたいときは適していると思います。

 15005947975_85d13c7614_z

 

ポイントは支柱の位置

 空間の印象に大きく影響するのは支柱の位置です。ウッドデッキの内側と外側のどちらに設けるかは、内と外のどちらを優先したいかで考えましょう。外からの見た目を意識するなら、支柱はウッドデッキ壁の内側に配するのがよいでしょう。

 それよりもウッドデッキ内部の空間を優先したいのであれば、外側に支柱を配し、内からは見えないようにするのがお勧めです。その方が、統一感が出ます。

 どちらも譲れない場合は、支柱の両側に板を張る方法もありますが、その際は、重さなどに木をつけて支柱基礎部分を考えましょう。

26424938442_93448e1933_z

■関連記事

  • 一覧へ戻る