コラム「彩木だからできるダイナミックな意匠(スクリーン編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

彩木だからできるダイナミックな意匠(スクリーン編)

2017.01.26
彩木だからできるダイナミックな意匠(スクリーン編)

 日本住宅を美しく見せる意匠の一つに、格子窓があります。窓を守るように、細い木材を縦に配するデザインで、現在でも古民家や観光地の街並み景観保護区域などでよく見かけます。

 

格子は日本住宅の美の一つ

 このデザインは洗練された印象を見る者に与えるだけでなく、プライバシーを程よく守り、風と光を適度に内側に入れるという機能面も兼ね備えています。また、現在住宅では外観全体の中でアクセントとして用いられることも多く、昔も今も日本人に愛されている意匠の一つであることは間違いありません。

31417834776_595666d4f3_z

 

強く美しい彩木の特性

 しかし、過酷な外気環境にさらされるため、天然木では木材の長さに限界がありました。気温変化による伸縮・膨張、湿度変化などによる歪が起こる可能性があるからです。

 そのような懸念事項も彩木なら問題はありません。天然木と見間違うほどの美観と、人工建材の強さを併せ持っているため、これまでにはない大胆なデザインが可能です。これまでにも住宅や商店、公共建物など、数多くの採用例があります。

31417834646_bb2874c237_z

■関連記事

  • 一覧へ戻る