TOPICS

トピックス
エクステリア HOME >  TOPICS >  MINO エナジー 伊那メガソーラー発電所を本格運転

トピックス

2013/8/22

MINO エナジー 伊那メガソーラー発電所を本格運転

ミノエナジー株式会社(本社:長野県伊那市 代表取締役社長:杉本 伸二 グループ会社:美濃工業株式会社、ミノ・ネットワーク株式会社 以下ミノエナジー)は、長野県伊那市に発電能力約2.2MWh のメガソーラー発電所「MINO エナジー 伊那メガソーラー発電所」を建設し、2013 年9 月20 日より本格運転を開始いたします。


ミノエナジー株式会社は再生可能エネルギーに期待が集まる中、地域社会への貢献の一環として、日照条件に恵まれている伊那市の自社所有地に太陽光発電所を建設いたしました。


本発電所には、ソーラーフロンティア製太陽電池モジュールが当社敷地33,000 ㎡に13,940 枚設置され、発電能力は約2.2MWh となります。


また、パワーコンディショナーは東芝三菱製、架台は安田金属製を採用いたしました。


金融機関は日本政策金融公庫松本支店およびアルプス中央信用金庫(大澤一郎理事長)、施工は日之出
建工株式会社、電気工事は株式会社トーエネックが行いました。


年間発電電力量は、一般家庭約600 世帯分に相当する約200 万kW、年間約1000t を超えるCO2 削減効果を見込んでいます。


また、本発電所で発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づき全量を中部電力に売電いたします。

 

 

トピックス一覧へ戻る