彩木ウッドデッキの特徴
延焼を抑える難燃性ウレタン

彩木ウッドデッキの特徴 延焼を抑える難燃性ウレタン
HOME >  彩木ブランドTOP >  ラインアップ > ウッドデッキ > 彩木ウッドデッキの特徴 > 延焼を抑える難燃性ウレタン

屋根の飛び火性能試験をクリアした高い耐火性能

 ウッドデッキの設置で懸念点として上がるのが耐火性です。なぜなら、建築基準法において、建物の屋上やバルコニーは屋根とみなされ、ウッドデッキを敷いた場合、地域によっては「屋根・飛び火試験」で認定された仕様でなければなりません。
 彩木ウッドデッキは大手ハウスメーカーと共同して行った試験において、「屋根・飛び火試験」の条件をクリアしています。
 ウッドデッキ以外の彩木の製品シリーズも、難燃性のウレタン樹脂を使用しています。火が発生した場合、火元がいち早く炭化するため、自己消化を促し、燃え広がることを抑えます。
 またこの素材は、断熱材として使われるウレタンでもあるので、屋上に敷くことで断熱効果もあります。屋上や2階に敷いても軽量なため、耐震面でも負担が少なくてすみます。

※住友林業の躯体+彩木SBデッキのセットでの番号です。

彩木ウッドデッキの特長
  • 彩木ウッドデッキを更に詳しく知る
  • 彩木ウッドデッキ商品ラインアップ