コラム「人工樹脂木材のデメリットVS彩木 5番勝負!(後編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

  • HOME
  • コラム
  • 彩木
  • 人工樹脂木材のデメリットVS彩木 5番勝負!(後編)

人工樹脂木材のデメリットVS彩木 5番勝負!(後編)

2017.05.23
人工樹脂木材のデメリットVS彩木 5番勝負!(後編)

好成績で迎えた最終ラウンド

 

 前々回、前回で4ラウンドを戦い、3勝0敗1引き分けとなったこの勝負。いよいよ残すところはラストの第5ラウンドのみとなりました。このまま彩木は1ポイントも相手に譲ることなく、勝ちきることができるのでしょうか?

 

 ①木の風合いが感じられない。      ←引き分け

 ②夏に太陽光で表面が熱くなってしまう。 ←勝利

 ③手触りが味気ない。          ←勝利

 ④濡れると滑りやすい。           ←勝利

 ⑤材料の価格が高い。

 

11334253536_f023ee806f_z

 

第5ラウンド:材料の値段が高い

 

 彩木ウッドデッキは一般的な天然木材と比べても安価ではありません。また、他の人工樹脂木材と比べても高価な場合が多いでしょう。しかし、それだけの表現力とハイスペックな性能を有しています。さらに付け加えるなら、天然木とトータルの経費を比較した際、メンテナンスが容易なので長い目で見た際は、彩木の方がトータルで安くなるかもしれません。

 

それぞれにある長所と短所

 

 以上、人工樹脂木材のデメリットVS彩木の5番勝負をお送りしました。残念ながら最後は敗れてしまいましたが、3勝1敗1引き分けは上々の結果ではないでしょうか。何事も長所短所があるのは当然です。天然木には天然木の、人工樹脂木材には人工樹脂木材の、彩木には彩木の秀でた部分があります。どの部分を重視するかで、貴方の中のチャンピオンは変わってくるでしょう。ウッドデッキは住まいの外観を印象付けるだけではなく、暮らしのリズムに深みを与えてくれる空間です。素材選びは慎重に行い、ご自身やご家族のスタイルや性格により合うものを見定めて、後悔のないウッドデッキのある生活を手に入れてください。

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る