コラム「彩木妻格子の実例01」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

彩木妻格子の実例01

2019.05.10
彩木妻格子の実例01

 

古くからある外壁の飾り

 

 天然木の表情を再現する彩木シリーズでは、住宅の外壁を飾るさまざまな商品を用意しています。その一つが、今回紹介する「ハイブリッド彩木妻格子」です。

 妻格子は切妻屋根や入母屋造によって三角形になった妻壁と呼ばれる外壁上部に取り付ける装飾のことです。一般的には格子の内側に板を張り付けた構造で、狐格子とも呼ばれます。この装飾があると、屋根の下の空間が締まると共に、住宅の個性付けにも一役買ってくれるでしょう。和風住宅でよく見られる飾りですが、近年では、モダン住宅をはじめ洋風住宅にも合うデザインの妻格子が登場しています。

 

14044799385_53e80ebc98_z

 

彩木妻格子の実例

 

 上の写真は和風住宅での実例です。黒い瓦屋根が印象的な住まいで、妻格子と2階の窓格子がアクセントになっています。妻格子は和風住宅における一つの記号の役割も果たすので、和テイストに寄せたい場合はとても有効な建材といえるでしょう。

 

14041603871_2efb7c2f15_z

 

 上の写真は、外観に和の記号をプラスした実例です。縦長の窓が配されるなど、各所にモダンなテイストが取り入れられていますが、妻格子を採用することで和の印象も強調され、全体として和モダンにまとめられています。

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る