コラム「彩木妻格子の実例03」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

彩木妻格子の実例03

2019.05.16
彩木妻格子の実例03

 

外観の充実度を増す

 

 上の写真の住まいは、白い外壁に対して、屋根や窓枠、そして妻格子が黒で彩られており、白と黒のコントラストが印象に残ります。「メリハリや抑揚がある」と表現できる外観にまとまっていながら、上品さも感じることができます。造形としては縦に細長い4枚の窓に、玄関横の目隠しのスクリーン、そして妻格子などにより、縦のラインが強調されているように見て取れます。妻格子と言うと、面積の小さい目立たない建材という印象をお持ちの方もおられるかもしれませんが、この実例のように、妻格子は住まい全体の色調や造形にも、影響を与えることもできます。

 

 44635300740_eedcde2131_z

 

メンテナンスの容易さで採用数が増加

 

 妻格子は住まいの最も高い場所で用いられる飾り材であり、気軽には掃除はできません。その点、汚れが付着しにくく、朽ちない、色褪せないなどのメンテナンスフリーの「ハイブリッド彩木妻格子」は、扱いが簡単で長く住まいを美しく飾ることが可能です。細い板を縦に並べる構造ですが、板が湿気や乾燥で曲がることも伸縮することもありません。外観に一つアクセントを設けて住まいに個性的をプラスしてみたいのなら、彩木の妻格子を一度検討してみてください。

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る