コラム「彩木フラワーボックス実例02」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

彩木フラワーボックス実例02

2019.05.22
彩木フラワーボックス実例02

 

 

外観にコントラストを作る

 

 前回の続きで、今回も「彩木フラワーボックス」を採用した住まいを紹介していきます。上の写真では、庭に面した2階の壁面に2つの彩木シリーズの製品を配しています。写真奥側には、彩木のいたばり手摺が用いられ、手前側に「彩木フラワーボックス」が取り付けられています。両方の色が統一されているため、白系の外壁と茶系の彩木によるコントラストが生み出されています。これにより、華やかさのある外観に仕上がっていると感じます。この実例のように、彩木シリーズではさまざまな外構部分の製品を用意しているので、変化を付けつつ、統一感やまとまりのある外観を造りたいとお考えの際は、ぜひご検討ください。

 

46352957622_9aee9f75cb_z

 

特別な窓をつくる

 

 次の写真は、2階に「彩木フラワーボックス」を用い、庭に彩木ウッドデッキを配した住まいです。フラワーボックスは家全体のカラーリングに合わせて、古木色が採用されています。一方で、ウッドデッキを唐茶色にすることで、明るさやカジュアルさが加えられているのではないでしょうか。

 彩木フラワーボックスが取り付けられた窓には、庇も設けられています。他の何もない窓と比べると、採光や通風以外に、明らかにこの窓だけ別の役割を持っているように見受けられます。住まいの中で「特別な窓」をつくる際に、フラワーボックスは有効な手段といえるでしょう。

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る