梅雨でも彩木は心配いらず

梅雨でも彩木は心配いらず

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

 

梅雨でも気にかけなくてよい彩木

 

 6月に入ると全国的に梅雨の季節となります。雨の降る時間が多く、外はジメジメとして湿気も多くなり、エクステリアにも負担がかかりやすい時期となります。しかし、水に強く耐候性も高い彩木シリーズは、天然木のウッドデッキなどとは異なり、梅雨時期だからと言って特別心配することはありません。いつの季節でも、良い意味で「気にかけなくてよい」のが彩木シリーズの魅力の一つです。

 

46693765234_0fb4059e62_z

 

多雨多湿の梅雨時期でも問題なし

 

 梅雨は、北海道や小笠原諸島を除く日本をはじめ、朝鮮半島南部、中国沿岸部、台湾など、東アジアの広範囲においてみられる気象現象です。日本にウッドデッキの文化が欧米から入ってきた当初は、梅雨が大きな障害となったといいます。海外と同様にカナダやアメリカなどが原産のSPF材が用いられましたが、多雨多湿な梅雨に対応する対策が十分ではなく、雨に負けて劣化を速めるウッドデッキが多く見られました。そのため、日本の風土に適するように改良がくわえられ、木材も耐久性のある種類が選定されるようになります。

 それでも、天然木は定期的に塗装を施す必要がありますし、板の裏側や接合部分など、見えづらい部分に腐敗している箇所がないかのチェックもしておきたいところです。一方、彩木シリーズであれば梅雨入り前でも、特に準備をする必要はありません。日頃の簡単なお掃除だけで問題なくご使用いただけます。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る