コラム「雨よけのある彩木ウッドデッキ(03)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

雨よけのある彩木ウッドデッキ(03)

2019.09.07
雨よけのある彩木ウッドデッキ(03)

 

オーニングで良いとこ取り

 

 今回も「雨よけ」に注目しつつ彩木ウッドデッキを紹介していきます。冒頭の写真のウッドデッキには屋根や庇が設けられていません。その代りオーニングが取り付けられており、必要な時に日陰を作れるようになっています。屋根や庇がない分、開放感があるのではないでしょうか。屋根や庇があると、天井はもちろん柱がウッドデッキに取り付けられることも多く、その場合は空間が限定的になるケースもあります。「晴れた日に子どもをのびのび遊ばせたい」「ポカポカ陽気の日にゆっくりと読書したい」など、開放感を優先する利用に重点を置くなら、雨よけはない方が良いかもしれません。開放感を維持しつつ夏の強い日差しなどは遮断したいなら、上の写真のように伸縮型で収納できるオーニングを採用するのも一つの方法です。

 

 46352958742_569e5da467_z

 

事前のシミュレーションが大切

 

 雨よけにはメリットもデメリットもあります。ウッドデッキで「どのような過ごし方を望むのか?」「何を優先したいのか?」をよく考えて屋根や庇の有無を選択してください。他にも隣家も含めた立地環境や、家族のプライバシーなども考慮する項目に加えると良いでしょう。事前に色々なシミュレーションをすることで、ウッドデッキを作った後に得られる満足度も高まると思います。

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る