傾斜地に建つ住まいの<br>彩木ウッドデッキ01(後編)

傾斜地に建つ住まいの
彩木ウッドデッキ01(後編)

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

日当たりの良い傾斜地のウッドデッキ

 

 前回に引き続き、傾斜地に建つ住まいを紹介します。庭が傾斜側にあるためウッドデッキを配すると、とても日当たりの良い開放的な空間を作ることができます。ただしその分、夏場には陽射しが強いと感じる日もあるでしょう。そんな時はウッドデッキに影を作る工夫をしましょう。このお宅では2階ベランダからオーニングが伸びるようにしています。これにより、陽射しの強い日でもウッドデッキに出した机と椅子でランチやティータイムを楽しむことができるでしょう。

 

 

借景の美しさを際立たせるウッドデッキ

 

 屋内から外を眺めると、目の前に彩木ウッドデッキがつくる「半外空間」があり、その奥に街並みが見られます。屋内と外をワンクッション置いてつなげる空間がある方が、このような借景のおさまりは良いと思います。

 

 

暮らしの中に贅沢をつくる

 

 見晴らしの良い傾斜地に建つ住まいには、ウッドデッキが有効に働くケースが多いと思います。見事な風景とウッドデッキの相乗効果が働けば庭の利用頻度も上がるでしょう。ウッドデッキでは開放感のある中で時間を過ごすことも、光や風を感じることも可能です。加えて、ウッドデッキでのさまざまなシーンを絶景の前で行えるというのは、暮らしの贅沢といえるでしょう。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る