石材と彩木ウッドデッキ06

石材と彩木ウッドデッキ06

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

落ち着いたトーンで揃えたウッドデッキ周り

 

 今回紹介するのは、石材タイルを敷いた庭に設置した彩木ウッドデッキです。広いフロントヤードの一角に上の写真のスペースがあります。外壁の色も石材も薄めの色でまとめられており、彩木ウッドデッキも色が薄くて汎用性の高い桧皮色が選択されています。色のトーンを揃えたことで落ち着いた品のある空間に仕上がり、シンプルモダンな建物のテイストとも釣り合いが取れていると感じます。

 

 

4つの足元で内と外を緩やかにつなぐ

 

 ウッドデッキが設置された場所は2階のバルコニー床の下で屋根があります。屋内から半外空間となったウッドデッキ、内から外に張り出した石材タイル、そして庭の地面と4つの足元が連続しており、内から外を緩やかにつなげていると言えるでしょう。屋根があるのでウッドデッキのスペースは、まさに半分外、半分屋内の半外空間となっており4つの中で重要なポジションにあるといえます。

 さまざまな樹木が植えられた庭の広い住まいですので、「ウッドデッキに座布団でも敷いて茶菓子と会話を楽しみながら庭を眺める――」。そんな時間を過ごすのは良いのではないでしょうか。また、庭の手入れの際の休憩場所としても最適だと思います。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る