彩木ウッドデッキにおける<br>バリアフリーとユニバーサルデザイン

彩木ウッドデッキにおける
バリアフリーとユニバーサルデザイン

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

築30年くらいで考えるリフォーム

 

 彩木ウッドデッキを導入する理由の中で、よく目にする一つが「高齢化による室内と庭との段差の解消」です。新築当初は住まい手も若々しく気にならなかったのに、年を重ねるにつれて徐々に段差の昇り降りが億劫になるというのはよくある話でしょう。仮に30代で家を建てたのなら、30年も経てば住まいの様相も新築当時とは随分と変化しています。台所などの水回りをはじめ、そろそろリフォームを考えたい時に、「そう言えば庭も使い勝手が悪くなっているな…」と思うところがあり、同時期に改修しようという流れになるケースもあるでしょう。

 

 

求められるユニバーサルデザイン

 

 段差の解消は住まいのバリアフリー化につながります。昨今は日本全体が高齢化社会であり床の段差をなくすなど住まいのバリアフリー化という言葉はかなり普及していると思います。

 さて、ある程度の築年が経った住まいに、数彩木ウッドデッキが新規で採用される時は、高齢を理由とした段差の解消を目的とする他に、以前の天然木のウッドデッキが古くなったから彩木で新しくしたいというケースがあります。若い頃は天然木のウッドデッキの手入れを定期的に行っていたものの、「年を重ねるにつれてメンテナンスに労力を掛けなくても、割れやささくれが発生しない安全な空間を持ちたかった」と語った施主様もおられます。このような理由から回収する事例はバリアフリー化というよりは、どちらかと言えば住まいのユニバーサルデザインを強化すると表現できると思います。

 

 

彩木でバリアフリー&ユニバーサルデザインの外構に

 

 近年ではバリアフリーとユニバーサルデザインという言葉は、住まいを考える際にもよく目にするようになっています。バリアフリーとは住宅建築用語で、高齢者や障害者などが社会生活を送る上で障壁(バリア)を除去(フリー)することを指します。一方で、ユニバーサルデザインは障害者や高齢者限定ではなく、年齢、性別、人種などにかかわらず、多様な人々が利用しやすいように、あらかじめ都市や生活環境をデザインする考え方を指し、建築の分野だけではなく製品や情報の設計でも用いられます。

 彩木ウッドデッキの特性である、割れやささくれが起きない、表面の熱伝導率が低いなどはユニバーサルデザインに通じる特性でしょう。他にも、メンテナンスフリーで美しさが長く維持される点も「利用しやすい」と言う点から加えることができます。彩木ウッドデッキは床と地面との段差を解消するというバリアフリーを実現するだけではなく、利用しやすいというユニバーサルデザインの理論も取り入れた製品と表現できます。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る