彩木ウッドデッキでお庭を公園以上の遊び場に

彩木ウッドデッキでお庭を公園以上の遊び場に

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

ウッドデッキで広がるお庭の活用法

 ウッドデッキの最大の魅力は、お庭の活用方法が何倍にも広がる点にあります。屋内とお庭の中間に位置して両者を緩やかにつなげるため、内と外が一気に近くなり、暮らしの中で外の心地良さを気軽に取り入れやすくなります。ウッドデッキに出ることで、お庭に出る回数も自然と増えて、withコロナ時代でも屋内に籠り切りにならない環境づくりに貢献するでしょう。

 

キャンプも食事も舞台にも

 また、お庭を主役にしてウッドデッキを考察すると、ウッドデッキはさまざまな役割を果たしてくれるアイテムになります。例えばお家キャンプをした場合、公園のベンチのように使えるほか、みんなが集う食事会場にも。また、花火をする際は最高の観覧席にもなります。

 

座る文化をお庭に取り入れる

 もともと日本には畳に代表されるように「床に座る文化」があります。お庭に座れる場所を提供するウッドデッキは、日本人にとってとても使いやすい存在なのです。お庭の座れるスペースとして、昔から日本には縁側があります。ウッドデッキは縁側より奥行きがある分、使い方もまた広がります。

 

気兼ねなく遊べる彩木ウッドデッキ

 彩木ウッドデッキは天然木のウッドデッキに比べて、耐水性や衝撃に強いのが特徴です。子どもたちが好きな水遊びをしても、腐食などは起こりません。また、子どもがモノをぶつけても、床面が凹んだりする心配もありません。この「気兼ねなく遊べる」「気兼ねなく遊ばせることができる」という特徴が、子どもにとっても親にとっても、楽しく安全なスペースを生み出すのです。安心して遊べるからこそ、子どもたちは自由な発想で彩木ウッドデッキの利用方法を発見していきます。彩木ウッドデッキというアクティビティがあれば、子どもたちも元気にお庭で遊んでくれるでしょう。

 

 

*連動動画「彩木の未来」

https://www.youtube.com/user/minonetwork (MINO公式YouTubeチャンネル)

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る