NUANとは ABOUT

INDEX

 

風を感じ、緑を愛で、四季に触れる暮らし

風を感じ、緑を愛で、四季に触れる暮らし

日本人が歴史の中で培って来た美意識の多くは、四季とともに暮らす生活環境の中から生まれました。
木陰の涼しさやそよ風の爽やかさなど、自然を気持ち良いと感じる豊かな空間と数多く触れ合い、大切にしてきたからこそ、日本人は美に対して高い素養を育むことができたといえるでしょう。

現在の住宅は昔の日本の家屋に比べて、気密性や断熱性などが格段に向上し、とても快適に暮らせます。
そのため、「手のかかる庭より、快適な屋内を広げたい」という傾向にあり、一軒家でありながら内に閉じた住宅が多く存在するようになりました。
しかし、「庭も家なり」です。庭は住まいにいながらにして外の贅沢を享受できる場所であり、その場所から学ぶことや感じることはとてもたくさんあります。

暮らしに庭をプラス、住まいで四季を楽しむ

暮らしに庭をプラス、住まいで四季を楽しむ

天然木材を外構に用いるとメンテナンスを頻繁に行う必要があります。
現在の生活習慣においては、昔のように維持管理をする時間と費用を十分にとることは困難です。
しかし、「維持するのが難しい空間は必要ない」という選択では、豊かな空間がゼロになってしまいます。
現在住宅の制限された中でも、手軽に豊かな空間を持てるように建材を開発しているのが「nuan」です。例えば、木の温かみを再現した複合建材「彩木」でデッキを設ければ、旧家の縁側のような外中の空間ができます。天然木材とは違い、メンテナンスはほとんど必要ありません。
より豊かな感性や美意識を育む空間を少しでも広げたい――。
いつでも日本の贅沢を享受できるように、常に心地よい状態で住まう人を迎える空間を作るのが「nuan」の想いです。