コラム「秋の夜長をウッドデッキで過ごす」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

秋の夜長をウッドデッキで過ごす

2017.10.13
秋の夜長をウッドデッキで過ごす

 

秋は月見の季節

 

 2017年の中秋の名月は10月4日です。中秋の名月を愛でる習慣は、平安時代に中国から伝来したといわれており、旧暦の8月15日の夜の月を指します。残暑がなくなり、朝晩が涼しく過ごしやすい10月からは、中秋の名月や十五夜など、月を楽しむ「月見」のシーズンとなります。

 夜風の心地よい日に、住まいの半外空間であるウッドデッキやベランダは、第2のリビングとして活躍してくれます。月をただ眺めるのも良し、夫婦でお茶やお酒を楽しむのも良し、ゆっくりと読書や音楽鑑賞にひたるのも有意義な時間の過ごし方でしょう。

 

31083496390_fc764513c0_z

 

家具を配して空間の充実を図る

 

 椅子や机を配すると、秋の夜長のウッドデッキやベランダの活用方法はぐっと広がります。半外空間の家具には大きく分けて、据え置きタイプのものと必要な時だけ出して使うタイプの2種類があるので、ご自宅のスペースやライフスタイルに合わせて選択するのが良いでしょう。

 また、照明をウッドデッキに取り入れるのも雰囲気が出て大変良いと思います。涼しくなったとはいえ、10月ではまだ虫が出る可能性もあるので、虫よけ対策をしておくとよいのではないでしょうか。

■関連記事

  • 一覧へ戻る