彩木ビフォーアフター(住宅展示場編)

彩木ビフォーアフター(住宅展示場編)

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

天然木から彩木へ

 

 近年増えている彩木ウッドデッキの採用ケースに、天然木からのリノベーションが挙げられます。一度、天然木のメンテナンスの大変さを経験すると、メンテナンスの容易さ、劣化の少ない長寿命、といった特性に大きなメリットと感じる人も多いのでしょう。

 IMG_0059

 

長く美しく保てる彩木

 

 今回紹介するのは、ある大手ハウスメーカーの展示場です。広いバルコニーにウッドデッキを敷いて「アウトドアリビング」を楽しめるようにしています。ビーフォー写真を見ると、何年も経過した天然木のウッドデッキは、割れや色落ちが目立ち、材木の「細り」も気になります。天然木の経年変化は味のあるものですが、表面には染み込んだ汚れも広がっています。これでは住宅展示場として「お客様に感動を与える」効果は薄れてしまうでしょう。
 IMG_0057

 

ハウスメーカーの顔の一部として

 

 アフター写真を見ると、その違いが一目瞭然で分かります。今回採用されたのは、板にビス穴の現れない新方式・千鳥配置です。住まいの外観に溶け込んでおり、すっきりとしたライトな印象です。

 ハウスメーカーの顔といえる住宅展示場でも、気軽なアウトドアリビング空間を支える建材として彩木ウッドデッキは利用されています。

IMG_0157

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る