コラム「施設編_保育園・幼稚園」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

施設編_保育園・幼稚園

2016.02.02
施設編_保育園・幼稚園

保育園や幼稚園でも採用される彩木

見た目の美しさやメンテナンスの容易さ、長持ちする素材といった特長から、彩木ウッドデッキは住居だけではなく、その他の建物でも採用が増えてきています。特に設置件数が増えているのは保育園・幼稚園です。

近年の保育園・幼稚園はウッドデッキを採用しているところが数多くあります。しかし、設置面積が広いことや子供たちが常日頃から走り回る場所になるため、メンテナンスが懸念事項となるケースがあります。また、安全面でも天然木の割れやささくれなどは、子供達が伸び伸びと過ごす場所として好ましくありません。そこで、メンテナンスや安全性、見た目から彩木ウッドデッキへの問い合わせが増えてきました。

 

11334566334_f23cdd3739_o

 

園舎と運動場をつなぐ場所に配置された彩木ウッドデッキです。運動場の砂が付いた靴を履いたままデッキに上がっても問題がありません。日常的な掃除はホースで水を撒くくらいで大丈夫です。

 

19851421353_5af6c64bbf_o

 

園舎の裏手側にあるベランダ部分に彩木ウッドデッキが採用されています。床板の高さを園舎の床面とフラットに設定しているので、段差のない往来ができます。裸足で遊べる場所としても活用できるでしょう。彩木フェンスを併用し、安全性やプライバシー保護、防犯性を高めています。

 

20284241750_b20fc00d51_o

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る