コラム「あやかの彩木探訪!
建築・建材展2018レポート「Syado」(前編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

あやかの彩木探訪!
建築・建材展2018レポート「Syado」(前編)

2018.03.21
あやかの彩木探訪!<br> 建築・建材展2018レポート「Syado」(前編)

 

 

こんにちは!

彩木シリーズのマスコットキャラクター、彩華(あやか)です。

 

建築・建材展2018のMINOのブースでは、新製品である彩木の遮熱戸「Syado」のお披露目がありました。

 

主に内窓として使用するもので、窓枠には彩木が用いられています。アルミサッシ単板ガラスの内側に「Syado」を設けると、熱貫流率が1.74になるんです!

 

これは、窓の断熱性能として世界に出しても恥ずかしくない数値です。

 

IMG_4806

 

実は、日本の窓の断熱性能に関する基準は非常に遅れています。先進国が1~2の熱貫流率を最低基準としているのに対して、日本の平均的な窓の数値はなんと6~6.5! 2018年1月時点では、最低基準すら定められていません…。そりゃ寒い住まいが多いはずですね。

 

日本にも断熱性能に優れた複層ガラスのサッシはありますが、どうしてもお値段が高いんですよね。「「Syado」なら、安価に同等の効果が期待できる!」というのが、この製品の大きなポイントだそうです。内窓として取り付けることができるので、住まいのリフォームにもぴったりですね。

 

彩木最大のストロングポイントである天然木の美しさもグッド。

お部屋の印象もグッと変えてくれます。

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る