淡い色でまとめた住まいの<br>彩木ウッドデッキができるまで

淡い色でまとめた住まいの
彩木ウッドデッキができるまで

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

基本的な要素が詰まったウッドデッキ

 

 今回紹介するのはとてもオーソドックスで基本的ともいえるデザインのウッドデッキを設置する住まいです。クリーム系の色合いの外観に対し、カジュアルな印象のある彩木ウッドデッキの桧皮色を採用しています。リビングの開口前に屋内床高と高さを同じくした約3㎡のウッドデッキを配し、庭との昇降をスムーズにする小さなステップを一か所に設けています。

 

 

土間コンクリートによる基礎

 

 土台はウッドデッキの床下とステップの部分に土間コンクリートを敷いています。土間コンクリートの厚みも地面と屋内床高の高低差の緩和に一役買っています。しっかりと安定した基礎作りに、土間コンクリートは有効な方法の一つです。

 

 

スライド方式の施工方法

 

 土間コンクリートの上に束柱を並べて基礎部分を組んでいる様子です。彩木ウッドデッキは根太に設けた溝に、板材に取り付けた凸部分をスライド形式ではめ込む仕様なので、ビス止めする必要がなく短時間の施工を実現しています。

 

 

ビス穴のない天面の仕上がり

 

 ウッドデッキの天面にビスの穴がないので、雨水がたまることもなく、見た目も美しく仕上がります。建物のサッシ枠が干渉する部分は、彩木ウッドデッキの板材を加工して調整しています。設置する現場の条件に合わせて、天然木と同じようにデザインに微調整を加えられる点も彩木ウッドデッキの長所の一つです。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る