狭小バルコニーの活用例

狭小バルコニーの活用例

この記事をシェアする

facebook Twitter line

充実の空間は狭くても作れる

バルコニーは家と外をつなげる住まいにおける数少ない半外空間です。当コラム「バルコニーを上手に使おう」でも紹介しましたが、半外空間はさまざまな恩恵を日々の暮らしにもたらしてくれます。

もし、「狭いから」という理由でそれほど活用していないバルコニーがあるなら、「できること」を模索していくことをお勧めします。典型的な利用方法である第2のリビング空間や、バーベキュースペースとすることはできないかもしれませんが、暮らしに彩りを与えてくれる空間として活用することは可能です。

 

一人用の小さなカフェ空間に

限られた空間でも、椅子を一脚設けることでゆっくりと憩える癒しの空間に様変わりします。読書をしたり、物思いにふけったり、夜空を眺めながら晩酌を楽しんだりと、開放的な一人空間を作ることができます。

11335292946_5b207cfe97_z

 

箱庭のように作り込む

バルコニー自体を趣味空間にする考え方です。鉢植えを並べたり、床材の代わりに玉砂利を敷いたりしながら、空中の箱庭を造り上げれば、暮らしの中に華やかなスペースが一つ増えることでしょう。

24368255542_6413f27c45_z

 

手すり部分を草花で飾る

ヨーロッパなどの西洋建築の住居で良くみられるバルコニーの利用方法です。人が出られない狭い空間にも積極的にアクセントを作り、生活を楽しむ姿勢が伺えます。草花で飾られた窓と小さなバルコニーは、内側からだけではなく外から見ても心地良い光景でしょう。

11335416673_4b433f199e_z

Categoryカテゴリ

全記事を見る