コラム「彩木ウッドデッキで縁側を作る」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

彩木ウッドデッキで縁側を作る

2016.11.06
彩木ウッドデッキで縁側を作る

  団塊世代が30~40年前頃に購入した住宅物件におけるリフォーム需要が増えています。住宅の老朽化や家族構成の変化などが主な理由で、長年にわたって家族を支えてくれた住まいを、ご主人の定年を機会に手入れするケースも多いといいます。

 

裏庭の縁側

 この頃に建てられた住まいでよく見かけるのが、裏庭の小さな縁側です。家の内部空間と外空間をゆるやかにつないでくれる縁側は、日本の住まいにおける文化の一つです。当然、木材を用いて作られていることが多く、何十年と経過すると劣化や汚れが目立つようになります。

 縁側が美しくなければ、庭にも良い影響を与えません。逆に、美しければ「庭に出たくなる」「縁側に腰掛けたくなる」という気持ちにもなります。

 

古風な庭にも馴染む彩木

 ウッドデッキでの案件が多い彩木ですが、板材を自由な長さにカットできるので、縁側での事例もあります。天然木と見間違うほどの見た目のクオリティは、年季の入った植栽や石庭などにもしっかりと馴染みます。彩木は紫外線にさらされても、木材に比べて変色が少なく、長い間、色褪せることはありません。また、日光を浴びても熱くなりにくいという性質なので、夏に縁側で涼みながら時間を愉しむことも可能です。

11334375116_5b11d94a8a_z

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る