コラム「バルコニーで家庭菜園」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

バルコニーで家庭菜園

2016.11.07
バルコニーで家庭菜園

 

喜びと恵みの空間を作る

 バルコニーの有効活用の一つに、野菜を育てる家庭菜園があります。庭のないマンション住まいだと、バルコニーという半外空間だけが植物をすくすくと育てることのできる環境となります。自分でまいた種が発芽し、グングンと成長して実をつけることになれば、バルコニーはとても実用的で楽しい空間になるでしょう。

 

意外と簡単に始められる

 近年ではさまざまなプランターが販売されています。デザイン性の高いプランターや鉢植えを並べて、バルコニーをオシャレに演出することもできます。野菜を育てる土に関しても、培養土をはじめ手軽に家庭菜園を始められる用品が揃っているので、気軽にチャレンジしてみましょう。初心者が気を付けなければいけないのは、水のやり過ぎでしょうか。過度に水分を与えると根腐りが起こってしまいます。

 

育てる野菜の選び方

 家庭菜園をすると決めてから、どのような野菜を育てるかを選ぶのも楽しい作業です。自分や家族が好む野菜から選定していくのも良いでしょう。しかし、初心者の方はまずは葉物野菜の中で比較的育てるのが容易とされる種類を選ぶのが良いかもしれません。

 野菜を育てる上で、最初の壁は発芽になります。ですから慣れないうちは苗を買ってきて、適当な大きさのプランターに植え替えて成長を見守るのも良いでしょう。

 種から育てるなら発芽率の良いものを選びましょう。リーフレタスやルッコラなどは比較的、発芽率が良く初心者向けの野菜とみられています。

■関連記事

  • 一覧へ戻る