耐候性に優れた彩木で庭を復活

耐候性に優れた彩木で庭を復活

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

経年変化の落とし穴

 

 天然木のウッドデッキは、徐々にその姿を変貌させていきます。新品当時と10年後の様子を並べて見比べれば、違いは歴然で「これは修繕しないと!」という気持ちにもなるでしょう。しかし、日々の変化はとても微小です。毎日目にしていると見慣れてしまうため、なかなか決定的な気持ちの切り替えが行えません。「何となくスッキリとしない」という感情を持ちながら、「何となく寄りつく回数が減る」という状態を続け、いくらかの時間が経過することになるケースは多いのではないでしょうか。

ASTG-before

 

長く活躍するウッドデッキ作り

 

 今回掲載している写真のビフォー&アフターも上記の一例です。修繕前の写真を見ると、板が腐敗し割れや欠損が目立っています。設置から何年か経てば紫外線の影響で色が変化し、軽度な割れも発生したことでしょう。その段階で、手を施していればここまでの状態は防げたと思われます。しかし、最終的に足を踏み入れるのすら危険な状態になってしまうほど、ウッドデッキから足が遠のいていたということです。

 この住まいの2度目のウッドデッキは、耐候性に優れ経年変化が非常に少ない彩木で作られることになりました。メンテナンスが容易ということは、掃除がラクというだけではなく、生活の一部としてウッドデッキの活躍する時間が自然と長くなるということにもつながります。

Categoryカテゴリ

全記事を見る