コラム「マンション2階以上でもウッドデッキは作れる」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

マンション2階以上でもウッドデッキは作れる

2015.12.02
マンション2階以上でもウッドデッキは作れる

マンション2階以上でもウッドデッキは作れる

ウッドデッキは戸建ての話だと思っている方も多いのではないでしょうか。庭のない2階以上のマンションにもウッドデッキを用いた住まいは数多くあります。

マンション2階以上では、ウッドデッキを敷く場所はベランダやバルコニーになります。この空間はリビングやダイニングに隣接していることが多いので、ウッドデッキを敷くと一つなぎの大きな空間となり、住まいがとても広く感じるようになるのです。

 

15739746196_12623443e8_o (1)

 

彩木ウッドデッキシリーズには、彩木ウッドデッキとオクトデッキの2つがマンション2階以上で採用することができます。

まず、彩木ウッドデッキは庭と同じものです。室内とベランダ・バルコニーの床面に大きな高低差がある場合、彩木ウッドデッキなら束などの高さを調節して床高をフラットにすることが可能となります。ただし、高低差の少ない場所に採用すると、彩木ウッドデッキ自体の高さにより、逆にベランダ・バルコニーの床高の方が高くなる場合があるので、このような場所には次に紹介する彩木ウッドデッキを用いることをお勧めします。

 

16724450710_906c5453a2_o

16289492314_1e806f4c5e_o

 

オクトデッキは厚さ34mmの板を、厚み1mmの調整材を用いながら高さを合せて敷き詰めていきます。高さ調節には限界がありますが、敷くだけの簡単施工という大きな長所があります。

室内とベランダ・バルコニーの床に高低差があり、限りなくフラットに近い状態を求めるなら彩木ウッドデッキを、高低差が少なくそこまでフラットにこだわらないならオクトデッキを採用するのが良いでしょう。もちろん、マンション2階以上に限らず、戸建ての場合も同様にベランダ・バルコニーにウッドデッキを敷いて景観と使い勝手をがらりと変えることもできます。

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る