コラム「ウッドデッキの屋根の種類(前編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

ウッドデッキの屋根の種類(前編)

2018.02.17
ウッドデッキの屋根の種類(前編)

 

種類を順に紹介

 

 前回まではウッドデッキの屋根に関するメリットとデメリットを見ていきました。今回からは、屋根の種類について紹介したいと思います。ウッドデッキの屋根の場合、素材や形状によっていくつかのパターンに大別できるので、順に特徴を説明します。

 

20285291989_76e301be10_z

 

建物の庇や出っ張りを屋根とする

 

 長く伸ばした建物の庇や出っ張りをウッドデッキの屋根とするパターンです。これは新築時に計画して設ける必要があります。建物と一体となるので外観デザインとしても美しくまとまるでしょう。屋内との連動が取りやすいウッドデッキとなるので、リビングの延長として空間を利用することが容易です。

 

c20528a54452b2516f8cf192552a7193_s

 

オーニングを採用する

 

 オーニングとは英語で「awning」と書き、直訳すると「日除け」「雨覆い」という意味になります。西洋では昔から住宅や商業建築などで利用されています。日本でもカフェなどで見かけることがあると思います。キャンパス(布)を出したり収納したりすることができるので、日差しを自由に調節することができるなど、機能的な面で優れています。オーニングをウッドデッキに用いると、見た目のグレードも一段階上がることでしょう。

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る