コラム「石材と彩木ウッドデッキ(その3)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

石材と彩木ウッドデッキ(その3)

2018.02.28
石材と彩木ウッドデッキ(その3)

 

調和の取れた組み合わせ

 

 実際の天然木から型取りして作る彩木ウッドデッキは、自然物から作られる木材や石材などと合わせて使っても調和の取れたデザインとなります。今回は、石材と彩木ウッドデッキの組み合わせで構成された庭を見ていきます。

  冒頭の写真は、大きめの石材タイルと彩木ウッドデッキの桧皮色を組み合わせた実例です。白い石材タイルとの色のコントラストが印象的で、ウッドデッキの前面に敷かれた人工芝ともよく合っています。玄関横の外構に木調の彩木ウッドデッキを配置することで、住まいの表情に温かみもプラスされているのではないでしょうか。

 

  

 次の写真も、一つ前の例と似た組み合わせの事例です。石材と彩木のどちらの表情も引き立て合っている印象を受けます。彩木ウッドデッキの桧皮色は、存在感も程よくあるので、敷設面積はそう広くありませんが、外観におけるアクセントとしても機能していると言えるでしょう。

 

 33972258694_77822f4086_z

 次の写真は、庭のリノベーションの事例です。ウッドデッキの下にあるタイルで作られた犬走りは既存の構造物になります。犬走りと屋内の床高の段差を、ウッドデッキを設けることで解消しています。通気口を避けた設計で、段差を小さくするために階段も備えています。

 

■関連記事

    <現在準備中>

  • 一覧へ戻る