コラム「  バルコニーの一部をデッキにする利点」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

  バルコニーの一部をデッキにする利点

2018.02.27
  バルコニーの一部をデッキにする利点

 

 複数の空間を作る

 

 庭にウッドデッキを設けると、地面に加えて板面の空間が生まれることになります。空間の種類が増えると、庭の利用バリエーションは飛躍的に膨らみます。この点がウッドデッキを設ける最大の魅力と言えるでしょう。バルコニーや屋上でも同じようなメリットを得ることは可能です。床の前面にウッドデッキを敷くのではなく、一部分に限定すれば2種類の床を作ることができるからです。

 

14438108809_67c0127120_z  

 

コストも抑えられる

 

 一部分に限定すれば、ウッドデッキの部分を憩いの場所として利用し、敷いていない部分は植栽にするなど、さまざまな組み合わせが可能となります。バルコニーや屋上の全面にウッドデッキを敷設するのも良いですが、異なる空間を意図的に設けて、使い方や構成を考えるのは楽しいものだと思いますし、住まいのオリジナリティを演出できるのではないでしょうか。また、利用バリエーションの増加の他にも、コストを抑えられるというメリットは大きいと思います。まずは「お試し」として一部にウッドデッキを設けて、実際に使ってみてから、ご自身やご家族のライフスタイルと合っているかを確認した後に、広げるかどうかを検討するのも良いかもしれません。

 

23849743633_02b39c9d8f_z

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る