コラム「ベランピングに適したオクトデッキ(後編)」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

ベランピングに適したオクトデッキ(後編)

2018.09.05
ベランピングに適したオクトデッキ(後編)

 

ベランダにはオクトデッキ

 

 グランピングを住まいで楽しむ「ベランピング」という考え方と造語が、住宅市場で話題となっています。彩木シリーズの中ではベランダ用に開発された「オクトデッキ」がこの概念に最も適した商品であるといえるでしょう。オクトデッキを設置したベランダに、テーブルや椅子、プランターなどを並べれば、家族や仲間とゆっくりと外で時間を楽しめる空間を作ることが可能です。

 

ベランピングと彩木の相性

 

 気軽にラグジュアリーに外を楽しむグランピングから派生したベランピングという考え方に対して、彩木シリーズはかなり相性が良いといえます。メンテナンスが非常に簡単であり、板材の割れやささくれ、歪なども起こりません。汚れも容易に落とせ、経年変化もとても少ないため、美しい状態をいつでも楽に維持することができます。この「気軽さ」はベランピングの概念と合致するものでしょう。気軽な存在・場所であるがゆえに、利用頻度も増え、外に出る機会も多くなるというものです。

 

 423f57cf74960fc3b5b96d7cb9bbb9b0_s

 

家族をつなぐ場所として

 

 このような空間は、新しいコミュニケーションスペースとしても注目されてもいます。ゲームなどで自室にこもりがちな子供が、自然と外に出たくなるように、ベランダやウッドデッキなどの住まいの半外空間に力を入れるケースもあるとか。外を楽しむという観点だけではなく、家族をつなぐ場所という視点からも、ベランピングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

■関連記事

  • 一覧へ戻る