あやかの彩木探訪!<br>色違いのステップの実例

あやかの彩木探訪!
色違いのステップの実例

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

こんにちは!

彩木シリーズのPR大使を務める彩華(あやか)です。

彩木ウッドデッキの実例集を見ているとユニークなデザインを見つけましたので紹介したいと思います。

 

上の写真では古木色の彩木ウッドデッキに対して、ステップには桧皮色が採用されています。色を合わせるケースが多いので珍しいと感じたのですが、よく見ると、桧皮色の小さなステップが良い感じで外観のアクセントになっていると思いました。

 

外壁は2種類の表情で構成されています。一つは羽目板のデザインで黒い板を横に積み上げたもの。もう一つはカジュアルで白っぽい煉瓦調です。彩木ウッドデッキが外壁の羽目板とても似ている古木色であるため、先に挙げた2つの表情のコントラストを基本に外観が作られています。その中にあって桧皮色の彩木がとても目立っています。わたしには赤系統の小さな箱型のステップがなんだかとてもかわいく見えました。

 

ウッドデッキとステップで色は異なりますが、同じ表情で共通する佇まいですから違和感は特になかったので、こういう組み合わせもありだなと思ったんです。最近、複数の色の彩木を組み合わせて作る門柱がMINOからデビューしましたが、あちらも面白い仕上がりになっています。彩木の基本4色を自由に組み合わせて外構を飾ると、今回の紹介した実例のように、一気にオリジナリティの度合いが上がると思います。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る