• HOME
  • コラム
  • 彩木のビフォーアフター01
    縁側タイプのウッドデッキ
彩木のビフォーアフター01<br>縁側タイプのウッドデッキ

彩木のビフォーアフター01
縁側タイプのウッドデッキ

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

犬走りの上に誕生した彩木の縁側

 

 今回は縁側のようにデザインされた彩木ウッドデッキの施工前と施工後の写真を紹介しながら、どのように住まいが変化したかを見ていきます。

 

 

 元々は屋内と庭の間にはタイル張りの犬走りが設計されていました。白を基調としたタイルと緑の芝のコントラストがとても映えるデザインだと思います。

 

 

 今回はこのタイル張りの犬走りを土間に利用して彩木ウッドデッキを施工していきました。

 

 

 犬走りの幅に合わせて短く、ウッドデッキは縁側のようにデザインしました。屋内の床の延長にウッドデッキの床高が来るように調整しています。半外空間となるウッドデッキ(縁側)部分が、これまでとは違った屋内と庭との関係性を生み出してくれるでしょう。

 

 

 唐茶色で天然木調のウッドデッキが加わったことで、「和のテイスト」「上品さ」「重厚感」などがプラスされ庭の表情も変化したと思います。屋内の床高と犬走りの段差が解消され、「庭に出る(ウッドデッキに出る)」という行動が容易になりました。ウッドデッキができたことで2つの部屋をつなぐ動線が一つ増えたことも暮らしのシーンの大きな変化です。縁側に腰を掛けて家族団らんを楽しむなど、今までとは違った暮らしの楽しみ方がたくさん出てくるのではないでしょうか。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る