彩木のビフォーアフター02<br>家事を助けるウッドデッキ

彩木のビフォーアフター02
家事を助けるウッドデッキ

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

ルーフ付きウッドデッキで物干しも楽々

 

 今回は既存の住宅での庭のリノベーションに、コンパクトサイズの彩木ウッドデッキが導入された事例を紹介します。こちらのお宅では建屋からルーフを伸ばし、裏庭の一部を洗濯物の干場として利用してきました。想像するにウッドデッキがなければ、庭と屋内を往来する際に、屋内の床高と地面の段差が気になったでしょう。また、洗濯物が不意に地面に落ちることもあったかもしれません。それらの問題を解消するために、新しく彩木ウッドデッキが採用されました。

 

 

 屋内の床高さとウッドデッキの床面を合わせて段差を解消します。ウッドデッキと地面の段差は、ステップを取り入れて解消しました。丁度、ルーフの中におさまるデザインとなっており、コンパクトなウッドデッキと言えるでしょう。

 

 

 ウッドデッキを配したことで物干しはとても快適に行えます。ふいに洗濯物を落としてもルーフ下のウッドデッキの床に落ちるので安心です。洗濯籠をウッドデッキに置くことができるのも大きいでしょう。ルーフ付きのウッドデッキができたことで洗濯物だけではなく、ティータイムや子供の遊び場、家族のだんらんなど、さまざまなシーンで活躍してくれると思います。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る