彩木の遮熱性能

彩木の遮熱性能

この記事をシェアする

facebook Twitter line

熱をシャットダウン 彩木の遮熱性能

 

断熱材としての効果も期待

熱伝導率の低さや熱容量の少なさ(「熱膨張が少ない建材の優等生」の記事で紹介)に加えて、彩木は遮熱性能にも優れています。ウッドデッキに遮熱は余り関係ないと思われるかもしれませんが、例えば、屋上に設置することで断熱材の効果も期待できるなど、さまざまなメリットが発生します。

熱に対するメリットが多いことから、彩木をルーバーに利用する商品開発が進んでいます(2016年6月現在)。

下の図は、外部から来る熱をどのくらい遮熱できるのかを試験した結果です。アルミルーバーやカーテンが時間とともに内側に熱を通したのに比べて、彩木ルーバーは常にほぼ一定の低い数値を計測しました。サーモグラフィーで確認しても、結果の違いは一目瞭然です。

 

031-02

 

熱は素材の退化を速める要因の一つです。彩木の素材は余計な熱を寄せ付けない性能を持っているので、2階のバルコニーなどにウッドデッキを設置するのにも適しています。周囲の素材・建材にもメリットをもたらすのが彩木の強みです。

 

14062672573_f510c0ba74_z

Categoryカテゴリ

全記事を見る