住まいの庭をもっと楽しく!<br>暮らしを変える彩木デッキハウス(その03)

住まいの庭をもっと楽しく!
暮らしを変える彩木デッキハウス(その03)

この記事をシェアする

facebook Twitter line

 

野外アクティビティをお家で満喫

 

 彩木デッキハウスは家族で楽しむ暮らしのシーンをさまざまに広げてくれるエクステリアです。例えば冒頭のラフスケッチのように、お家キャンプを楽しんだり、夜の天体観測をしながら時間を過ごすことができます。東屋には雨風に濡れると困る望遠鏡などのアイテムをしまっておくことができ、使いたい時にすぐ出すことが可能です。これはキャンプグッズについても同じことがいえます。道具の出し入れをはじめとする準備が容易であることは、外で楽しもうという思いを後押ししてくれるでしょう。
 もし、藤棚(パーゴラ)に植物が巻き付いて緑がたくさんあるなら、森でキャンプしているような気分にもなるでしょう。また、梁の部分にランタンなどを吊り下げれば雰囲気はさらに高まります。

主屋では実現できないことを離れで

 

 次の家族で楽しむシーンは「お家で野外シアター」です。ラフスケッチでは東屋に映写機や映画データ類を収納しており、窓から藤棚(パーゴラ)に吊り下げたスクリーンに投影している様子を描いています。彩木デッキハウスの特徴の一つは、内と外を連携させたアクティビティを充実させることができる点です。秋の夜長に外の風を感じながら、思い出の映画で心を癒すのも良し、天気の良い休日に優しい日差しを浴びつつアニメを家族で楽しむのも良いでしょう。東屋がコレクターズルーム・趣味部屋として機能し、その恩恵をウッドデッキを含む藤棚(パーゴラ)で満喫できる構図となっており、他にも同じような使い方ができる趣味はたくさんあると思います。

 

 

子供の遊び場としても最適

 

 次のラフスケッチは「子供の遊び場」にした利用シーンを描いています。東屋は子供部屋として室内用、野外用の遊び道具がたくさん収納できます。ウッドデッキに広さがあるので、男の子が好きな列車のレール遊びなども思う存分に楽しむことができるでしょう。また、彩木ウッドデッキは耐水性に優れており、天然木のように水への対処を怠ったことによるカビの発生や腐食が起こる心配もないため、子供の水遊びで板面が濡れても問題ありません。

 

 

趣味の部屋として

 

 次の利用例は「ガレージ」です。東屋はコレクターズルーム、ウッドデッキは整備スペースとして、自転車やバイクの趣味を思い切り満喫している様子が描かれています。彩木デッキハウスの東屋は住宅建屋に対して「離れ」の位置にあるので、趣味部屋を作り込むのにも適した空間となります。このラフスケッチは自転車やバイクですが、例えば楽器や音楽、書庫など、さまざまな利用が考えられます。

 

Categoryカテゴリ

全記事を見る