ウッドデッキに照明をつける6つの方法とおしゃれなアイディアをご紹介

ウッドデッキに照明をつける6つの方法とおしゃれなアイディアをご紹介

この記事をシェアする

facebook Twitter line

ウッドデッキやお庭に付ける照明は、単に夜間の視認性を向上させるだけでなく雰囲気づくりにも役立ちます。
せっかくなら間接照明やデザインランプなどを使って、おしゃれに照明をつけたいという方も多いはず。

今回は、
・ウッドデッキをライトアップするメリット
・ウッドデッキに照明を付ける方法
・おしゃれな照明活用アイディア
について詳しくご紹介いたします。

 

1.ウッドデッキをライトアップして夜のリラックスタイムを充実させよう

ウッドデッキやお庭に照明を付けると、 夜でもウッドデッキを使う事ができる お庭やバルコニーの雰囲気を変えられる 防犯対策になる 足元の視認性が高くなるので転倒防止になる といったメリットがあります。 春や秋など気温が穏やかな季節は、ウッドデッキにテーブルをセットしてライトアップしたお庭で食事やお酒を楽しむのも一興です。

 

2.ウッドデッキに照明をつける方法5選

ウッドデッキ本体や周辺に照明を付ける5つの方法について見ていきましょう。

 

2-1.デッキや周囲に埋め込む

デッキや周囲に埋め込む

ウッドデッキに穴を開けてデッキ自体にライトを設置するか、デッキ周辺のお庭にライトを埋め込む方法です。 差し込むだけで使えるソーラータイプは手軽ですが、使用していく内の光量が減る製品もあるようなので、しっかり照らして欲しい方には電源付きのライトがおすすめです。

 

2-2.フットライト

フットライト

幕板やステップなど隠れた部分にフットライトを付ける方法は、足元が明るくなり、間接照明のように柔らかい灯りが広がるというメリットがあります。 また、照明本体が見えないのですっきりとスタイリッシュに仕上がります。 光の方向が下を向いているため、十分な光量を得るためにはある程度の量が必要です。

 

2-3.スタンドランプ

スタンドランプ

街灯やポール状のスタンドランプはランプ自体のデザインがおしゃれなものが多く、ウッドデッキやお庭の雰囲気を大きく変えられます。 設置方法としては大きいサイズのものは置くだけのタイプが多く、小型のものは地面に差して使うものもあります。 背の高いスタンドランプだけだと足元が暗くなるので、フットライトなどを併用するのがおすすめです。

 

2-4.ハンディライト/ポータブルライト

ハンディライト/ポータブルライト

充電して持ち運びできるランタンやポータブルライトもウッドデッキのライトアップによく使われます。 置くだけなので設置工事も不要、ウッドデッキだけでなく室内でも使えるという利点があります。 デメリットとしては、小さく光量が少ないため広い屋外でメインライトとして使うには複数用意した方がよいでしょう。

 

2-5.ストリングライト

ストリングライト

ストリングライトはロープに小さなライトがたくさんついたタイプの照明です。 柔らかいロープ状なので、壁に這わせたり、ウッドデッキのフェンスや屋根に垂らすようにするとキャンプのようなアットホーム感が出ます。 ライト部分が小さいフェアリーライトは繊細でほんわかとした雰囲気になり、ライトが大きいストリングライトだとハッキリと周囲を照らしていくれます。

 

3.ベランダのウッドデッキにはバルコニー用ライトがおすすめ

バルコニーにウッドデッキを設置している方は、バルコニー用の照明を使いましょう。 限られたスペースでも設置できるように工夫されていたり、設置が簡単なものが多いのでバルコニーでも使いやすいのが特長。 広さにもよりますが、バルコニーだと部屋に面しているのでライトの数もそれほど必要ありません。

 

4.ウッドデッキ×照明のおしゃれなアイディア

ウッドデッキと照明のおしゃれなアイディアをテイスト別にご紹介します。 これから照明を付けようとお考えの方は、ぜひ参考になさってみてくださいね。 縁側ウッドデッキ/庭を楽しむ/ガーデンテーブル/ハンモック/ガーデンフェンス...などのインテリア実例 縁側ウッドデッキ/庭を楽しむ/ガーデンテーブル/ハンモック/ガーデンフェンス…などのインテリア実例 – 2020-05-02 23:43:08 | RoomClip(ルームクリップ) ストリングライトとハンディタイプの置き型ライトを組み合わせることで、優しい印象のライティングになります。 テーブルセットやブランコ、囲に付けたグリーンや飾りの雰囲気も相まってまるでキャンプ状にいるかのようですね。 葉ボタンのリース/ウッドデッキ/クリスマス/ライトアップ/キャンドル...などのインテリア実例 葉ボタンのリース/ウッドデッキ/クリスマス/ライトアップ/キャンドル…などのインテリア実例 – 2020-12-19 21:25:42 | RoomClip(ルームクリップ) ダウンライトをメインに静かでほんのりとした明るさが落ち着く装飾です。 リースや雪の結晶など、冬らしいグッズと組み合わされていますが、季節やイベントごとに小物や装飾を変えるのも楽しそうですね。 築30年超/フォロー&いいね!ありがとうございます☆/家族の空間/DIY/セルフリフォーム...などのインテリア実例 築30年超/フォロー&いいね!ありがとうございます☆/家族の空間/DIY/セルフリフォーム…などのインテリア実例 – 2019-09-16 18:21:29 | RoomClip(ルームクリップ) すっきりとまとめたい人には、こちらのように照明をコンパクトにまとめるのがおすすめです。 デッキ部分に小さい照明を設置して、リビングの光を利用して照明設備の数を最低限に抑えるのもよいアイディアですし真似しやすいですよね。

 

5.彩木ならライトアップしても自然な木目が楽しめる

彩木ならライトアップしても自然な木目が楽しめる

ウッドデッキの素材は大きく分けて天然木と人工木があります。近年では耐久性やメンテナンスの簡単さから人工木の人気が高まってきています。 ただ、一般的な人工木はいかにも人工的な見た目をしている点が気になる方も多いでしょう。 そこでおすすめなのが彩木を使ったウッドデッキです。 彩木は硬質低発泡ウレタンとアルミ芯材を組み合わせた耐久性に優れた人工木材ですが、見た目や手触りは天然の木材とも遜色ありません。 人工木材 その理由は天然木から模った専用の型を使い職人が塗装しているから。 特殊なウレタン塗料を使って手作業で木材の色合いを再現しているので、間近で見たり、ライトアップしたりしても不自然さはありません。 また、彩木ではこれまで木人工木では製法上作るのが難しかった白色も実現しました。 美しい空間作りにこだわる方にこそ彩木はおすすめです。

 

6.ガーデンデッキDIYキットとライトでナイトテラスを楽しもう

ガーデンデッキDIYキットとライトでナイトテラスを楽しもう

彩木のウッドデッキは、ご自分で基礎とパーツを組み立てるDIYキットも販売しております。 ・サイズ ・デザイン(ステップの有無やデッキの高さ) ・デッキ材のカラー を選択してオーダーすれば、カット済みの彩木のデッキ材と根太・太引きなどの土台部分がセットで送られてきます。 サイズや基礎部分の施行内容にもよりますが、大体数時間ほどあれば組立できるので、DIY初心者の方、効率的にウッドデッキをDIYしたい方に大変おすすめです。 ライトアップなどお庭づくりにはやることがたくさんあるので、ウッドデッキの設置と平行する場合は時短で設置できる専用キットが役立つはず。 商品の詳細やお問合せはこちらからどうぞ。 MINO 彩木 ガーデンデッキ|DIYショップRESTA

 

まとめ

ウッドデッキ用の照明は、今回ご紹介したように形状やタイプも様々です。 お庭の広さやウッドデッキの用途に合った照明を選びましょう。 いきなり工事が必要な照明を置くのには抵抗があるという場合は、まずは置くだけのタイプやお庭に差し込むだけで使えるガーデンライトを使われてみるといいかもしれません。 本文でもご紹介した彩木について詳しい情報は、こちらからもご確認いただけます。 ウッドデッキ・バルコニーの販売・施工専門会社【MINO株式会社】

Categoryカテゴリ

全記事を見る