コラム「彩木ウッドデッキ新方式の表現力」

快適な暮らしの演出をお手伝い。MINOのエクステリア 【ニュアン】

製造から販売・施工まで一貫体制の
エクステリア&建材ブランド「ニュアン」

彩木ウッドデッキ新方式の表現力

2017.03.27
彩木ウッドデッキ新方式の表現力

 

天然木の表情がより豊かに

 

 彩木ウッドデッキは、2017年春から新方式による商品をリリースしました。従来タイプと大きく異なるのは、ウッドデッキの板の固定方法にあります。根太(基礎部)にビス止めするのではなく、根太にレールを設けてスライド方式で固定していきます。これにより、ウッドデッキの表面からビス穴がなくなり、天然木が規則正しく並べられているような佇まいとなりました。

 

本数が増えより自然な表情に

 

 新方式では千鳥配置を規格提案としており、長さ1000mmと500mmの板を交互に配置していきます。板の長さが短くなっている分、板の本数は増えています。これにより、従来タイプに比べて、木目の異なる板がたくさん並ぶこととなり、ウッドデッキ全体の表情がより深みを増す結果となっています。

 
IMG_2873

DSC07681 DSC07677

 

美しさが彩木最大の魅力

 

 「木目の美しさ」「木目のバリエーションの多さ」「不規則で自然な色味」などは、彩木シリーズの強みになります。一つ一つの製造を精巧にしているからこそ、本数が集まりチームとなった時にも、最大限の価値を発揮できるのが彩木シリーズの特徴です。

■関連記事

  • 一覧へ戻る